前回の続きです。じっくり読んでみてください。

下記をじっくり読んでみてください。

—————

参加者の回答22
—————
こんにちわ。
お世話になっています。
いつも参考にさせてもらっています。

フィボナッチ線の画像添付しました。

よろしくお願い押します。

■赤ペン

選んだ2点はOKです。

引き方を間違えると

フィボナッチのレベルの位置が

変わってくるので注意してください。

—————

参加者の回答23
—————
正解のビデオください。

■赤ペン

引き方はOKです。
ほとんどのトレーダーが

この引き方をしています。

ということは。。。
高値と安値のとらえ方が同じであり、

それを認識しているということです。

ところが、フィボナッチの威力は知っていても

なぜだか、トレーダーの90%は負けて

勝つ人は、ほんのひと握りだけです」。

その理由は、

待てないからです。
(トレードしたくてたまらないのです)
フィボナッチは待つことがとても大切です。

ここぞという時にしかければ、

稼ぐことが簡単になります。

—————

参加者の回答24
—————

お世話になっております。

フィボナッチセミナー会員の●●です。
クリスマスプレゼントの回答を送付致します。

一番小さい安値から一番大きい高値に向かって
フィボナッチを引きます。
よろしくお願いします。

■赤ペン

普段から話している通りの

引き方ですね。

OKです。

なぜ、

この課題を出したのかというと

もっと良い反応を得るための方法があるからです。

通常であれば

チャートの時間枠を自由に変えて

現在の位置を割り出し、

戦略を組み込んでいきます。

今回の課題で覚えて欲しいのは

このチャートだけでも

エントリーのタイミングを決めることができることです。

そのためには、長期と短期を組み合わせます。

—————

ここまでです。