FXトレードでポジションを持つ場合の判断

読者からの質問です。
—————–
先日はいろいろ教えていただきありがとうございました。
セントラル短資のホームページで、シカゴIMM通貨先物ポジション
というのがあるのですが、ポジションを持つ場合の判断として
信用してもいいのか、参考程度でみればいいのか、情報判断としては
どうなんでしょうか?もし使えるのなら、おおきな利益を狙っていける
と思うのですがどうでしょうか?お願いします。

—————–
大筋のポジションの量を見ることは
相場を動かす力のある人たちの動きを
確認していることになります。

彼らが売りのポジションを大量に持っているならば
その動きに乗っていけば
価格は下がっていくので
利益を狙っていくことができます。

ただし、ポジションの発表と
実際の価格の動きには
時差が4日(実際、6日)あるため
時間差を考慮してトレードした方が良いです。

彼らのポジションの量がどのくらい減ったり
増えたりしたのかをみると良いです。

スキャルピングトレード?

読者からの質問です。
—————–
いつもお世話になっております。
●●です。
メールありがとうございます。

S&P500の日足のフィボナッチレベルで反応すれば
ドル円にもほぼ時間差なく反応が出るのでしたらドル円トレードは
フィボナッチトレードではなく一般的に言われる
スキャルピングでトレードするということでしょうか?
その場合ターゲット(ストップも?)はどのように設定するのがよいでしょうか?
よろしくお願いします。

—————–

スキャルピングではありません
普段使用されているフィボナッチのレベルで
ターゲット、ストップを設定してください。
どのレベルでも構いません。

S&P500とUSDJPYの
フィボナッチの反応の有無を比べて、
S&Pに反応がなければ
今から現れるということなので
注文をUSDJPYに入れていきます。

フィボナッチの反応が出来なければ
これから出てくるので
仕掛けていくべきタイミングです。

しかし、
フィボナッチの反応がすでに出ていたならば
フィボナッチを引き出すか
次のフィボナッチパターンを設定する必要があります。
ここで大切なのは
S&Pが何ポイント動いたら、
USDJPYが何PIP動くのか?
それぞれの変動率を
(だいたいの平均でよいので)
確認しておいてください。

例えば、
S&Pが50ポイント動いたら
USDJPYが100 pips動くなどです。
(これは例なので実際のチャートで確かめてみてください)