フィボナッチ38.2、50、61.8で売り仕掛けについて

読者からの質問です。
—————–

お世話になっております。
●●です。
メールありがとうございます。
他の通貨ペア・他の時間軸との比較は、
かなり大切なんですね。改めてわかりました。

早速また質問させて頂きたいのですが、添付させて頂いた画像
(小さいし汚くてすみません)のように今月9/5の雇用統計も含めて
下げた後のポンド円の日足でフィボナッチリトレイスメントを引き、

各レベル(38.2、50、61.8)で売りを仕掛け、前のレベルをターゲット、
次のレベルにストップを置いていたのですが、各レベルでいくらか反応はしたものの、
ターゲットには届かず、すべて損切りになってしまいました。

このトレード方法はマズかったでしょうか?
雇用統計後というのも関係しているのでしょうか?
やはりドルが買われ円が売られている影響が強く、
円の売りがポンド円の方にも強く影響してしまっていたのでしょうか?
色々考えましたが明確なものが見えて来ず質問させて頂きました。
よろしくお願いします。
—————–
画像はこちらをクリックして下さい。

売りからではなく
買いからはいるべきです。

理由は、売りを仕掛けた部分のトレンドが
過去の高値や安値のフィボナッチに対して
どこなのかをもう一度見直してみてください。

(この引き方ではなく、
もっと前から引くということです)

価格の動きはすべての現象
人の感情、ニュースを含んでいます。
雇用統計をきっかけにして動いています。
USDJPYが動けば、
当然「円」ペアに影響があります。

円の売りがポンド円の方にも強く影響する時というのは
イギリスの指標ではなく
日本の円に対する動きです。
つまり円が買われていることを意味します。

特に円は連動して動くことが多いため
USDJPYが大きく下げると
GBPJPYも大きく下げる特徴があります。

FXトレードで売り指値について

読者の方からの質問です。
—————–

GBPUSDですが、9/8に窓を開けてますが、
この窓は9/15に埋まったと理解すればいいのでしょうか?

とりあえず、1.62540で1ポジション取ったあと、

9/5の下ひげをつけたあたりに
売り指値をしているのですが・・・高すぎますか?

それと、GBPAUDも狙っていて、少しポジション取っているんですが
いかがでしょうか?

—————–

窓は埋まっています
高すぎではありません。
GBPは材料待ちです。

関連ペアGBPAUDは当日トレンドが出た方に
ついて行くとよいです。

GBPAUD
GBPUSDの2つのペアでトレードするときは、

GBPを中心にしてAUD、GBP、
USDの3つの通貨を見ていることになります。
ここではAUDの関連ペア
例えばAUDUSD、AUDNZD、も一緒に見ることで
オーストラリアにトレンドが出ているか勢いを確認できます。

——————

関連しているペアを見ることで
トレンドの強弱を知ることが出来ます。
——————

一つの通貨で買いサインが出ているからといって
あせらずにトレードしないで、
並行して複数ペアを確認することで
その買いサインが本当に強いのかを判断できます。

週足のリトレイスメントで間違った使い方

読者からの質問です。
—————–

お世話になっております。
●●です。
昨日のトレードアイデアレポート見させて頂きました。
GBPUSDのターゲット1.63の導き出し方は週足のリトレイスメントでは
間違った使い方で違っていたのですね。
私もあのやり方はしないのですが日足でエキスパンション引いても
1.63近辺のレベルのラインが出て来ず、FXEDGEさんのことだから
何かの根拠があって質問させて頂いた
リトレイスメントで導き出されたのかと思いまして。
失礼致しました。

日足でSMA200と500のトレード方法でも今回理想的な形になってますね。

まだまだ勉強不足ですので今後ともご指導の程よろしくお願いします。
また質問があればメールさせて頂きます。

—————–

週足でトレードする場合は
日足との比較を行う方がよいです。

週足のフィボナッチが
日足のフィボナッチに対して
どういった位置づけになっているのかを
確認してください。

SMAトレードを行うときも必ず
相関ペアと比べるようにすると
効果がありますよ。
相関というのは
例えば、ドル円が上昇すると
EURUSDは下がるというものです。
関連する銘柄が連動して動くことをいいます。
相関ペアの組み合わせを書いておきますね。

USDJPY
EURUSD
GBPUSDと
USDCHF
EURUSD
GBPUSDです。

特にUSDCHFが上昇しているときは
EURUSDとGBPUSDは下落します。
つまり反対の動きになります。

FX決済の判断は劇的に変わる

セミナーブログラム参加者からの質問です。
—————–
お忙しいところすみません

本日オージ円勝てましたが入りが遅いかもですね

やはり早く会員になり勉強したいです
オリジナルフォームでしたら、エントリーや
決済の判断は劇的に変わりますでしょうか?

決済的に厳しいためまだ会員になれていませんが
今後もご指導よろしくお願いいたします

基本パターンの動画アップ
ありがとうございました
勉強になり安心しました

—————–

フィボナッチセミナープログラムに参加して
オリジナルフォームで実践した方の
経過記録をご覧ください

—————–

早速のご回答、まことに有難うございます。

疑問に思っていた部分もクリアになり、
すっきりしました。

①についてはポジションサイズに十分気をつけて
取り組むように致します。
ラスベガス方式をまだ実践していないので、これを取り入れて
リスク分散していきたいと思います。

②の件、
>10万円稼ぐ方法でご紹介いただいている
3つのパターンのストップロスの設定は
それぞれどこに設定すればよいのでしょうか?

>どこがよいと思いますか?

>(考える作業は重要です。)

>★ヒントはフィボナッチのラインです。

こちらについては、
僕が考えるストップロスの設定値ですが、
買いパターン1、売りパターン1は、
★%フィボナッチラインかなと考えています。

チャートを見る限り、★%を越えた後、●%に戻ってくることもあるので
少し含み損を大きくとる形にはなりますが、★%まで待つほうが良いように思います。

ただし、◆%を越えてしまった場合は、レートが●%まで戻り、利益が出た時点で
損切りポイントを損益分岐点に移動するほうが良いと考えます。

売りパターン2は▲%フィボナッチラインかなと考えています。
こちらも含み損を大きくとる形にはなりますが、
◆%くらいまでは結構戻る ケースもありそうなので、
▲%フィボナッチラインをストップロスに設定するのがいいのではと思います。

こちらもレートが◆%まで戻り、利益が出た時点で
損切りポイントを損益分岐点に移動するほうが良いと考えます。

このような考え方で合っていますでしょうか?

③のトレーリングストップの戻し幅の基準についても納得いたしました。
通貨やフィボナッチラインの幅をみて、
色々試してみたいと思います。

大変、丁寧にご回答いただき有難うございました。

これからもメルマガ楽しみにしています。

今後ともよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで重要になるのは、
損切りポイントを損益分岐点に移動することです。
最初に損切り設定したままだと、
せっかく利益が出たのに
その後価格が戻ってしまったら
損切りで終わってしまいます。

つまり損切りをbreak even、
損益分岐点に移動することによって
リスクをゼロにして
トレードを続けることができます。
より利益を伸ばしていくことが可能になります。

1度設定した損切りはマイナスの方向には動かさないけれど、
プラスの方向にはどんどん動かした方が良いです。

FXの稼げるタイミングは予めわかります

読者からの返信メールです。
—————–

金利の事を調べ始めていたので、とても助かりました。
株価にドル円は影響を受けるのは、ある程度知って
いたのでメールの返信をいただけたのはとても
ありがたかったです。
貴重な情報をいただきありがとうございます。

—————–
各国の金利の発表は
事前に調べておくと時間帯までわかりますので
変動が大きくなったらその波に乗るだけです。

波がどこまで続くのかは
フィボナッチでターゲットを抽出しておけば
楽に稼ぐことができます。
金利の発表日時を調べれば
稼げるタイミングは予めわかります。
「FX 指標」で検索してみてください。
重要度が高いものには星の数が多く記載されています。
価格の動きは指標のインパクトや数字の内容で決まります。
つまり何かのニュースが発表されることで
トレーダーたちが反応して価格が動いていきます。

価格が大きく動いていく時の初動に乗りたいという気持ちを
ほとんどの人が持っています。
しかし、焦ってポジションを持ってしまうと
大きくなっていく価格の動きの途中の一時的な戻しに
びっくりしたり、怖くなったりします。
これの原因は明らかです。
ポジションのサイズ(取引量)が多いことです。

指標が発表されるときは
ポジションをたくさん持つのではなく
徐々に増やしていくほうが良いです。

前回の続きです ファンダメンタルについてです

前回のメール読者の方からの返信です。
—————–

メール返信ありがとうございました。難しそうですが
頑張って勉強してみたいと思います。

—————–

特に金利と株価の関係には
注目しておいてください

仕組みはとても簡単です。
—————————-
金利が上がれば、株価は下がります
金利が下がれば、株価は上がります
—————————-

片方が上がれば、
片方は下げる仕組みになっています。

アメリカ株式が下落すると
USDJPYも下落します。
金利上昇が発表されたとき
株価は下がりますので
ドル円も影響を受けます。
つまり金利が発表される日付を
事前に調べておけば
その後の価格が上昇するのが
下落するのかが分かるということです。
「FX 指標」で出てきます。

株式市場でもFXでも
金利が上がるか下がるかは
強い影響を受けます。
今日の上げ下げで価格は動いているので
とても重要な指標です。

FXはどの情報で勉強したらいい?

読者からの質問です。

—————–
いつも有益な情報ありがとうございます。
メール配信を見ていて、ファンダメンタルを取り入れて
トレードしていったほうが将来的にはいいんでしょうか?
やるとすれば、どこから情報を得て勉強したらいいですか?
よろしくお願いします。

—————–

ファンダメンタルを取り入れた方がよいです。
ファンダメンタルをきっかけにして
テクニカルが動いていくからです。

テクニカル分析はあくまでも
過去の動きをベースにしています。
指標の発表によって価格がどう動いたかを
そのタイミングで確認することが重要です。
特に中央銀行の動きには注意してください。
掲示板の書き込みなどよりも
指標の日付と時間帯を確認して
そのタイミングでトレードしていた方が
効率よく稼いでいくことができるようになります。

FXはどうやって?通貨を選んだら良い?

読者からの質問です。
—————–

いろいろ助かっています。
ありがとうございます。

そろそろ本トレしようかと思うのですが。
ポジションを3~5立ててフィボナッチで
OCOでいくるもりですが、通貨の選び方
にポイントがありそうですが。
どういう風に通貨をえらんだら、いいですか?

同じようにうごけば、リミットもロスカットも重なる
気がします。
よろしくお願いします。
PS. MAトレード研究しましたが、サインの出方が
遅く できません。
—————–
通貨ペアは
文字が重ならないように選ぶとよいです。

例えば

EURCAD
GBPAUD
CHFJPY

このようにバラバラの通貨を選ぶことで

リミットストップがずれます。

複数通貨ペアで
トレードするときのメリットです。

MA、インジケーターは
価格の動きを別の形で表現しているので
反応が鈍くなります。

価格の動きそのものを理解することで
サインを明確にとらえることができます。
(つまり、 MAだけを見ていても
意味がないということです)

必ず、並行して価格の動きを観察してください。
こうすることでトレードチャンスも自然と増えます。

FXのアドバイス

読者からの質問です。

—————–
●●と申します。
以前何回かでですがメールさせていただいたことがあります。
今フィボナッチにすごく興味があるのですが、
このメールで質問している人達は、会員かなにかのかたですか?

モーメンタム、オシレーターでトレードしていますが、
ここにフィボナッチを組み込んで試行錯誤しています。

これって、別のトレードとして
わけないといけないものなんでしょうか?

ピンポイントで反転する時は大体仕掛けられず
狙った時は騙しにあい往復ビンタw

今までのやり方の方が確率も高いのですが、フィボナッチなら、
損切りを低めに抑えられるとおもうので、てに入れたいのですが、
FXEDGEさんのエクスパンジョンの動画をみて、
高値を超えた時の目標値や、
損切り値としてかなり使えると感激してます。

が、方向、価格がわかっても、損切りの徹底や、
しっかりした計画がないと相場はなぜか負けてしまいます。

もう少し血と肉にしないとと、思案中です。
アドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

—————–

フィボナッチPDFは、メールマガジン、ブログ
読者の方、一部会員の方もいます。

モメンタム、オシレーター、
特にサブ画面が現れるものは
基準を定めにくく、判断が鈍くなります。

そもそも、インジケーターは
ローソク足の動きを別の角度から
表現しているので
ダマシが発生するのは当たり前のことです
(価格の本質を理解することが重要です)

インジケーターを使う場合は、
次のものをおすすめします。

ーーーーーーーーーーーーー

一目均衡表、
フィボナッチ、パラボリック
移動平均線

ーーーーーーーーーーーーー

なぜ?かというと、
一つの画面で、

「価格の動き」と、

「インジケーターの価格に対する
位置ずけを即座に判断できるから」です。

(そのそも、なぜ嘘をつくインジケーターを
使う必要があるのか?、
価格を純粋に表現するローソク足だけを見れば、
ツールは不要ですが、
なぜかトレーダーは別の角度から判断することを好みます)

フィボナッチを使うと
損切りやターゲットの設定に
迷うことはありません。

迷う時点で、
それはフィボナッチトレードではなくなります。

相場を操ることはできません。
不可能です。

だったら、すべてをフィボナッッチに
任せてしまえばいいのです。

フィボナッチを使う場合は
フィボナッチ以外のインジケーターを
すべて削除します。

これだけで、
トレードのパフォーマンスは
良くなります

チャート上から不要なものを削除してください。