FXトレードの判断は何でしますか?

質問メールをもらいました。
——————
大変教えてもらっていますのに、フィボナッチセミナーを申し込まないで
初心者フィボナッチセミナーしか受けてなくて申し訳ないのですが。。。

いつも答えてくださり感謝しています。

実際のフィボナッチセミナーの質問回答のメルマガは理解していません。
わたしは、戻しだけをねらっています。

戻しを狙うには フィボナッチのいくらのラインが一番いいですか?

また、戻しに変換する値は、何で判断するのがいいですか?

目でみて、判断するものですか?

後で、戻すラインがずれることも、あると思うのですが。。。
また、通貨ペアによっては、戻しの転換点でUSDの値動きで転換点
がずれやすく、転換点がくるうことも、多々あるんですが。。。

通貨ペアは動きが素直というドルストレートがいいのですか?

通貨ペアの選び方にも コツがある気がしています。
初心者にもわかりやすくお願いします。
フィボナッチで戻した後の、押し目買いや戻り売りができるかの
判断は何でしますか? どこまで、戻すか判別できません。
いろいろ教わった割にはトレードでいかせません。
フ ィボナッチイクステンションやイクスパンションとかも勉強したのに
実際にはリトレイスしか、トレードできません。

本来のフィボナッチトレードは いろんな通貨に注文だすというので
戻しを狙うのかと思いましたが、違うのでしょうか?

出来の悪い方で申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

——————

戻しに変換する値は、
高値、安値でフィボナッチを
目でみて、判断します。

ラインがずれるのは、高値、安値を更新した時です。

価格が更新したときというのは
その前の高値安値を更新した時です。
サポートやレジスタンスが新しくでてきたので
フィボナッチを引きなおす必要があります。
転換点を正しく認識できていませんので、
まずは高値、安値をしっかりと見るようにしてください。

そして、フィボナッチを引いて、
現在の価格がどこで反応するのかをみて
フィボナッチと照らしあわせてください。

通貨ペアの選び方は

ドルストレートだけでなく
AUD
CAD
EUR
GBP
CHF
USDが

均等になるように選択します。
インジケーターは自動ですので便利です。
どこまで戻すかは、フィボナッチが示してくれます。
リトレースの基本パターンを忠実に行うことで成果はでますよ。
戻しだけでなく戻しの過程で起きる価格の動きを狙っていきます。

フィボナッチを使うと、
順張りのトレードに加えて
逆張りのトレードを
連続して仕掛けていくことができます。
つまり価格が上昇していく動き
価格が下落していく動きを
狙ってトレードできます。
わからないことは
どんな些細な事でも構いませんので
このメールに返信してください。

右肩上がりになるロジック

logic

読者からの質問です。
——————
いつもお世話になります。
日々のメールをとても楽しみにしております。

さて、過去の4本値を使って現在ロジックを組んでいますが、そのことで質問です。
ある会社の4本値を使うときれいな右肩上がりになるロジックが出来たのですが、
試しにそのロジックに別の会社の4本値を入れてみると、全く結果が大きく異なってしまいました。
会社によって4本値に誤差が生じるのは分かるのですが、日々のちょっとした誤差の積み重ねで
最終的な結果が大きく変わってしまうのであればロジックを作りようがないような気がしますが、どうなのでしょうか?
——————
どの証券会社でも
価格の本質は同じです。
始値、高値、安値、終値です。
この4つを完全理解することが重要です。

この中で最も大切なのは終値と始値です。
高値、安値は価格が異なりますが、
終わったものは
同じ価格で始まります。
(本当に大切な部分です)
これが価格の本質です。
この点をロジックに組み込めば
証券会社が違っても
ロジックはうまく機能します。
最新の足の終値が
直近の高値よりも高い位置で終わっていると 、
その後価格の動きは上昇していきます。

最新の足の終値が
直近の安値の終値よりも低い位置で終わっていると、
その価格の動きは下落していきます。

つまり 、どこの位置で終値を
形成しているかが重要です。

FXトレードの基本パターンの中で+30PIPSゲットできました。

フィボナッチセミナープログラム参加者からの
報告メールをもらいました。

——————
FXEDGE様

お世話になります。FSP会員の●●です。

当初のメルマガで教えていただいた通り
基本パターンの中で+30PIPSゲットできました
。ありがとうございます。

反省点は、折り返しのパターンを完全に
忘れていて、ゲットし損ねたことです。

さらに、ビデオで解説されている「転換点での買い増しパターン」に
も気付かない自分に腹が立ちます。(怒)

今は、9月12日の転換点ローソク足安値割れの確定を待って売りエン
トリー、50PIPS固定の分割決済の仕掛けを
行っています。
●●
——————
たった1つ見逃しても
転換点は何度も現れますので
焦らずに取り組んでください。

感情的になると、
全体を俯瞰できなくなるので
冷静に判断してください。

頑張っていきましょう。
●ここでのポイントは
折り返しという部分です。
価格の動きには波があります。
プライスが急伸したら、その勢いが強いほど
折り返しの動きにも反動が現れます。
パターンに気づかないことを、
不快に思っていらっしゃるのですが
パターンの数は限られていますので大丈夫ですよ。
具体的にはどうしたらいいのか?

ひとつのチャートで
フィボナッチを引かないだろうな
というところでも引いてみてください。

そのフィボナッチに対して、価格がどんな反応をしたのかを
何度もチェックしてみてください。

毎日歯を磨いたり、顔を洗ったりするのと同じで
習慣化することで自然にできるようになります。

どこに引いたらいいのかわからない場合は
とりあえず引いてみることをお勧めします。
そして引いてみたフィボナッチに対して
価格がどういう反応をしているのか見ていきましょう。
例えば
いつのタイミングでフィボナッチの高値安値を更新しているのかです。
フィボナッチの高値安値を更新するタイミングというのは .
サポートレジスタンスを超えて
その後の動きが変わっていくことを示しています。
慣れないうちは
引き方があっているか間違っているかは
問題ではありませんので、
チャートに一つでも引いてみることが
トレードで勝っていくための第一歩になります。

頑張っていきましょう。