FXは大きく勝てれば ちょこちょこ負けても大丈夫?

読者からの質問です。
—————–

フィボナッチでトレードする時の注意点

ここに来てくださる方には悪いですが
まだデモで練習しているレベルで申し訳ないです。
フィボナッチのリトレイスメントを狙った
初心者でもできるトレード方法を学んでいます。

いかに、原資を増やせるかがFXの課題なんですが、
それには損小利大をねらっていかないと達成
できないのです。

ちょこちょこ 勝っても 大きく負けるトレード: コツコツドカン
これを、避けないといけません。

勝率も必要ですが 大きく勝つトレードができるかがネックなんですね。
大きく勝てれば ちょこちょこ負けても大丈夫?
日足での皮算用を書いてきましたが、1H 4H だと 一日拘束されはしなくてもスパンが違って
来るだけです。儲けられる可能性は デイト レにあるのかもしれませんが、これはだんだん疲れて
きます。練習では、1H 4H でしましたが。。。
10万円でフィボナッチで大きくリミットできて5000円くらい(通貨でちがう)
ロスカット  1000円くらい

計算が間違ってなければです。
FXは時間に拘束されるから、
ある程度待つトレードが フィボナッチです。
ほかに、ブレイクを待ってエントリーは
前に待っているから、エントリーすると すぐにプラス
になる。ライントレードもそうでしょう。

FXには、いくつか手法があるから、自分にあった、トレード方法を研究しよう。
フィボナッチは損小利大に叶っているとは思いますが、気になることは
リミットに時間かかって、ロスカットには時間かからないことです。

なるべく、ロスカットされない通貨を選別してエントリーすることが大事に
なってきます。

知識がなくて、勉強しながらのブログ書きで心配です。

あと、付け足すとしたら、損切りにあわないような、通貨選びになって
きます。

どう言う風に 説明したらいいでしょうか?

また、フィボナッチで採算をとる方法としては あっていますか?
よろしくお願いします。

—————–

リミットに時間がかかって
損失に時間がかからないのは
パターンの一つだからです。

当然逆のパターンが存在します。

先日の初心者無料セミナーでも
話したことですが、
価格は材料をきっかけにして
ターゲットに向かっていきます。

仕掛けるタイミングそのものが
イベントを意識していないから
リミットまでの時間がかかります。

勝率、勝ち負けの回数よりも
複数ペア合計で考えた方がよいです

単純にイベントの数が増えるからです。
例えば、証拠金を目一杯使って
USDJPYだけでトレードをしていると
そのポジションが反対方向に動いた時に
苦しい思いをすることになります。

しかし
証拠金の10%をUSDJPYで使って、
10%をEURJPYで使い、
EURUSDで10%使うと
合計30%ですみます。

このようにすると選択肢が増えた上に
あらゆるイベントに乗ってトレードできるチャンスも
増えることを意味します。

同じポジションを持つならば
USDJPYで1万通貨トレードするよりも
複数の通貨ペアで合計で
1万通貨トレードした方が良いです。