FXはストップロスがターゲット

参加者からのメッセージです。
——————

やはり、ユーロ、スイスは緩和策が発されたあとということもあり
おもいきり下げています。ユーロが激しいと思います。

それぞれともに下落トレンドですが、(短期的には)
それは、移動線を意識して見ています。

——————-
・コメント
政策の変更は強力なトレンドを形成しますので
その政策の意味をしっかりと把握することが大切です。
トレンドに乗ることは
大量の資金を動かす人たちをバックにつけることになります。

トレーダーは主観的なトレードを繰り返します。

中央銀行を味方につけて、
(中央銀行の政策発表を待って、その動きにのる)

このトレードスタイルに変更することで
指標が発表されるまではチャートさえも開くことなく
イベントを楽しめるようになります。
メッセージ2つめです。
——————-

7つの通貨ペアで最新の足が一番大きく動いているのはユーロ円で、

大きな節目であろう2014年10月16日の安値を1月16日に一度試すも反発し、
再度1月22日に試し少し反発したが下落の勢いの方が強く翌日23日には割っていったためだと思います。
また長期的にドルが強くユーロが弱い、円売りだったのが利確等で買い戻されている、

先週のドラギ総裁の発言もあるのかと思います。
——————-

・コメント
チャートをよく観察しています。
必ず7つのペアの
それぞれの変動幅を確認するようにしてください。
最も変動幅があるものは、
そのペアにお金が集中していることを示しています。
メッセージ3つめです。

——————
お世話になります。
ステップ1に関して
FXを初めてから 5年程経過しましたが帰宅後数時間のスキャルピングを
続けてきました。少額取引なので損失金額は大したことはありませんが一向に
資金が増えません。少額で自信をつけてからと思っていてもそこから脱出できません。
チキン利食い・遅い損切りの繰り返しです。利益目標は持っていても
チャートを見ているとダメですね。
それでも最近は少しこなれてきましたが このまま続けていいのか不安です。
インジケーターはあまり使用せず ライントレードをメインにしてます。
特にフィボナッチは重要視してます。使い方は別として(^0_0^)。
フィボナッチも後から見ると効いているように見えてもリアルでは
中々 難しいしこだわりすぎてもダメな時が多いです。
最近は 大きな時間足で日を跨ぐトレードをメインにした方がいいかなと思ってます。

以上恥ずかしながら述べさせていただきました。
——————
ステップ1.自分のトレードスタイルが確立しなくて
損切りが遅く、利確が早いので
自信の持てるトレードを手に入れたい
と思っています。

ステップ2.どう答えたら良いのか解りません。

——————
・ステップ1

あなたが今までにFXトレードしてきてダメだったこと、悩み、困っていること
早めに損切りすればいいと頭では分かっているのですが・・・
なかなか損切ができず、損が大きくなると、両建てをしてしまう

いつも利益は少なく、損は大きいです

だましに引っかかる
・ステップ2

よくわかりませんでした

——————

ストップロスがターゲットです。
ビデオで話しますので
ここをクリックしてください。