トレードの判断はローソク足が終わってからすると効果的です

参加者からのメッセージです。

——————

課題送ります。

課題

・STEP2

画像を送ります。

感情が変化しているポイントにサムズダウン・アップの印を付けました。

・STEP3

ケース1
118.867で買いエントリーしたが髭で引けて2日後エントリー日の高値超
えたのでやむなく切ったがその後下落していったので持ってればと後悔。

ケース2
2月2日のレンジ上抜けで117.987で買エントリーしたが髭で抜けでエン
トリー。
次の日エントリーした日の安値で下抜けたので損切り。
その後上昇していったので我慢すればと後悔。

ケース3
7日間続いたレンジを上抜け119.833で買エントリーしたが、大きな髭で
戻りなおかつレンジ内に戻ったので損切り。
その後上昇していったので我慢すればと後悔。

3つのケースは同じパターンです。
・紫ラインは、売り買いの感情が入れ替わったラインと思われます。

ケース4
116.078で売エントリーしたが大きな髭出て損切り。
長い下髭で上がるだろうと思い117.937で買エントリーしたが髭を出し大
きな陰線で損切り。
やはり売りかと考え115.855で売エントリーし大きな陽線で損切り。
売り買いと毎日翻弄するばかりと感じている。
今回の課題は、
逆の目線で見ると凄く嫌になってしまいますし、すぐ飛びつかなければと追いか
けて相場に振り回されている気分でした。

以上ですよろしくお願いします。

——————
ドル円の日足チャートに関しては、

昨年10月6日→楽観から悲観へ
昨年10月16日→悲観から楽観へ
昨年11月28日→気迷いから再び楽観へ
昨年12月8日→楽観から悲観へ
昨年12月17日→悲観から楽観へ
今年1月6日→本格的な悲観へ
今年1月9日→一時値を戻したものの、再び悲観へ
今年1月16日→悲観から楽観へ
今年2月6日→気迷いから再び楽観へ
今年2月12日→楽観から悲観へ
今年2月26日→悲観から緩やかな楽観へ
以上、こんな回答でいいのかどうか、心もとないですが、
よろしくお願い申し上げます。

——————

ローソク足が終わってから判断して下さい
ビデオはここをクリックして下さい

https://youtu.be/q4yqA4cFs5w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です