「FXで勝つためにはローソク足に集中する」への4件のフィードバック

  1.  EDGE様の相場に対する熱意が感じられるビデオだと思います。
     多くの人は相場の本質を理解してないから、正しい手法を教えてもらっても失敗すると間違っていると考えてしまうんでしょうね。
     私を含めトレードしている人の大半は、ローソク足チャートを毎日見てるし、それで失敗してるんだから、ローソク足の動きから相場の本質を見極めるのは簡単なことじゃ無いと思う。
     どうしても値動きが目について、そればかりになってしまう。

    1. ローソク足は色々な形があります。
      上ヒゲが長かったり、実体が小さい、
      下ひげが短いこともあります。

      多くの人達はローソク足の形そのものに
      何か意味があるのではないかと深く考えすぎています。

      ローソク足の本質とは、

      ”最新の足の終値”が
      ひとつ前のローソク足の”終値”よりも高いか低いか
      これだけです。

      つまり、終値の位置がとても重要です。

      ローソク足のヒゲとは、値動きの”一時的”な結果です。

      上ヒゲとは一時的な陽線です。
      一時的に価格が上昇したけど、
      最終的に下がってきたという意味です。

      下ヒゲとは一時的な陰線です。
      一時的に価格が下落したけど、
      最終的に上がってきたという意味です。

      ヒゲは一時的なものにすぎないので、
      ヒゲではなく始値と終値の「差分」を表す
      実体を見ることが大切です。
      なぜなら、その差分には色がついていて、
      本当の陽線と陰線を表すからです。
      これがローソク足が示す相場の本質です。

  2. 一つのことを貫く姿勢頭が下がります。

    あれもこれもしないで、一つのことに集中する。

    すべては、このローソク足がどの位置で終わるか。
    実体に注目してみます。

    ありがとうござます。

    1. ローソク足の終値の位置で
      陽線と陰線が決まるので
      一時的な高音安値ではなく
      終値を観察すると良いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です